Understanding Employer Pay Obligations for Travel Time

TravelFor many employers, sending employees out into the big, wide world to perform their job duties is an everyday occurrence. However, many employers are not aware of the situational details that may make time compensable or not compensable for non-exempt employees. Employers must consider both state and federal law surrounding travel time pay and then apply the most generous policy to the employee.
Home-to-Work and Work-to-Home Travel – Employers are not obligated to pay an employee for their time spent commuting no matter how far away they live. If it’s part of their normal commuting time, it’sunpaid.

Worksite to Worksite Travel – If an employee must travel in order to accomplish the day’s work this time counts as paid time. This is common for service and maintenance employees.

One-Day Travel to Another City – Should an employee travel to and return from another city in a workday, that time counts as hours worked. However, the employer is not required to count the time that an employee would normally be commuting to their regular worksite.

Overnight Travel – When an employee travels overnight on company business, hours spent traveling over the employee’s normal work hours generally count as compensable time (no matter what day of the week the employee traveled on).

It is key for employers to understand that the obligation for keeping track of hours worked for a non-exempt employee lies with the employer under the Fair Labor Standards Act. Most employers will pass this duty off to their employees. That, however, does not release the employer from its duty. If an employer had reason to know that an employee was working though the time was not recorded, the employer is obligated to pay for that time actually spent working.

In order to avoid confusion and misunderstandings, we recommend having a written policy on travel time pay that is distributed it to employees. Employers may also safeguard themselves from preventable issues if they go over the policy with an employee prior to the employee embarking on company travel. If the employee will not have access to the company’s time clock system while traveling, employers should provide them with a timesheet to record their hours as they are worked.

It is key for employers to understand that the obligation for keeping track of hours worked for a non-exempt employee lies with the employer under the Fair Labor Standards Act.

In addition to travel time pay, many employers get hung up on the many details surrounding employee travel. Below are a few of those issues and what obligations an employer has to its employees.

Per Diem – Per diems are generally optional for employers. Travel time pay still applies when a per diem is provided.

Mileage Reimbursement – Employers who provide a mileage reimbursement for maintenance, wear and tear on an employee’s vehicle must also pay the employee for the travel time. We typically recommend the standard IRS rate, which is currently 56 cents per business mile driven.

Different Travel Time Rate – A different rate of pay for travel is allowed so long as the rate is not less than minimum wage. This should be clearly communicated in writing prior to the beginning of the travel.

Calculating Overtime – An employer must count travel hours when calculating overtime pay for a workweek.

Wage and hour problems occur when an employer isn’t familiar with their pay obligations for non-exempt travel time pay. Knowing that compensation for travel time depends on the kind of traveling the employee is doing and when the travel time takes place, can help an employer avoid expensive omissions from an employee’s pay.

Comments

  1. 今年の運動の機能を更に細分し、多くのブランドを強調運動表だけでなく愛運動家で作ってではなく、ますます少なく運動を現代人に持って行って積極的精神。ロンジン、この運動の名義で says:

    [url=http://www.fujisanbrand.com/]今年の運動の機能を更に細分し、多くのブランドを強調運動表だけでなく愛運動家で作ってではなく、ますます少なく運動を現代人に持って行って積極的精神。ロンジン、この運動の名義で成就優雅なブランドは、今年のバーゼル時計展では、話題の間に、伝えている歩い177年の歴史最も核心の精神と個性。カルティエコピーテニスの巨星アガシは目に涙を浮かべるキッスの写真が大きくはすでにロンジン解釈の運用と優雅な最高の証。早く1896年に始まった、ロンジンアテネと世界のスポーツ活動のパートナーシップ。オスロは1952年のオリンピックから、ロンジンだった14回オリンピックカウントダウンを担当して。1912年スイス連邦体操の運動会では、ロンジン発売「継線」自動カウントダウンシステム;1952年発売初の装置と同時に配備カウントダウン機能や撮影ゴールライン機能の計器……これから、もっと専念ロンジン賛助体操や馬術プロジェクトを演じてきたブランド一貫の精確と優雅な。ロンジンは前後してヨーロッパや北アメリカ大陸を100以上の国際的な試合裁判やクロノグラフ、中には世界選手権、ヨーロッパ選手権、オリンピック、環法の道路の自転車の試合など。BASELWORLD2009上で、ロンジンの運動表項、再び焦点。海軍大将Admiral腕時計至極冒険精神ロンジンでしなやかな方式を書く順序と繁雑な平衡。今年デビューバーゼルの新しいAdmiral24時間第二のタイムゾーンの腕時計は、新しいデザインの黒やグレーセラミックベゼル。ロレックス スーパーコピー精鋼ケース活力を非常にエレガント、文字盤が鮮やかにアラビア数字「12」は、ロンジン運動シリーズ顕著なデザインの特徴は、間違いなくきれいさっぱり。スピード・シリーズGrandeVitesse腕時計を通して速度新しい解釈一連の材質の変化や詳細設計を触れないの高速化を真実、動感にあふれた凸形の図案を与え、配備速度計、抽象的な速度で鮮やかな形式。新型24時間タイマーカウントダウンで唯一無二のケースにちりばめたその姉妹シリーズAdmiral中のL686ムーブメント、文字盤に銀色の太陽のテクスチャ、表の冠、バンドやボタンの滑り止めの凹凸をこの腕時計運動で優雅なデザインの格調。ガイドピン輪クロノタイマー新たな作品の動感のキックこれは今年バーゼル表展にロンジンの新しい力作で、新しいムーブメントはエタをロンジン特別研究開発。この指自動的にカウントダウンで精密ストップウォッチ、ガイドピンラウンドデザイン、駆動機械装置を測定時間、この根本的な技術装置は1878年ロンジン使用されている。ロンジンのタブ工匠をこの枚新しい機械式時計を設計した経典優雅なレトロライン、銀色の表面の上でコーディネートメッキ時や妃指針、時間表示一目瞭然。スーパーコピーブランドミラーロンジンスイス工場:百年優雅人録でバーゼル表展現場を味わってたロンジンの優雅なブランド時計の風採を現代文化の後は、招待されロンジン見学はスイス雪山の中の工場と博物館。冷たい空気は山全体の座を歓迎するために、はるばる来た中国メディアは、その日、ロンジン工場の入り口の小さな広場で、五紅星旗。170数年前、ある若いビジネスマンはスイス山岳地帯の小さな村作りに実務の時計の部品工場から、ロンジン展開した「優雅なファッション」の歳月は、3つの博物館の中でそれぞれに至るまで展示されているロンジン数百年ごとに1つの時期が開発した新技術、新表項。館長FredericDonze白髪、すでに10年以上もこの仕事を、彼は登ってはしご、取り掛かっロンジンの歴史を解読する。私たちをそこに見、ロンジン持ったカリスマ時計技術と精密技術は、職人やデザイナーたちは長年の経験と無数の試験に失敗して、絶えず研鑽を改良した成果。中間は完璧な生産過程に協力しなければならない。館長によると、無数の挫折を経験したけど、ロンジン工場もだんだん大きくなって、も同時に引用した一つの創始者Francillon当初艱苦を恐れず、ロンジン確定世界時計界の中で高い地位の大きな目。ウブロ時計 スーパーコピー見どころカリスマ時計技術と創造性の代表ロンジン技術や創意的なパフォーマンスは近年、早く1929年、それはすでに時計界賞の大きい勝者よりは、独占10回GrandPrix大賞。ロンジンの革新的な精神をさらに伸ばすから時計技術以外、早く1867年会社はすでに始まって、その製品の上に砂時計マークウィングため、ロンジンは現在も世界知的所有権組織の記録で最も歴史の長い、変更はなかったブランド名。世界各地の国家元首、貴族の王女、映画界の赤い星、著名な芸能人、素晴らしい選手や多く数え切れない有名人は、ロンジンとエール砂時計このマークを投げかける信頼[/url]

  2. 私は、マット・デイモンのマークwatney文字ハミルトンカーキ・ネイビーを着ることを願って(ビットの方が好きですが、右か?)火星の上で生き残るためにしようとしているのを見てくださ says:
  3. 古今東西、アーティストの花の深い降参だ。も秀でているも咲き乱れる花の錦の群れ、バラ色の花びらに配ってしなやかな雰囲気。時計師たちはひとペアの美しさを発見する目と無限のアイ says:
  4. カルティエ時計コピーは、両方の男性と女性のためのcléカルティエコレクションを設計する間、より大きなモデル40 mmの広いものと人々を引きつけられます。ケースに多少トノー丸いダイヤ says:
  5. ロレックススーパーコピー時計販はROLEXコピー時計通販専門店です . 0.030248331 ロレックスコピー時計の時計が動作して残っていると仮定すると、どのくらいの頻度では、カレンダーを調整す says:
  6. 2016年人気貴族エルメス コピー安心専門店、一流ブランドショップ、シャネル コピー、財布コピー、ベルト信用第一、良い品質、低価格は私達のち残りの切り札です。当社の商品は絶対の自 says:
  7. Rolex(ロレックス)中国で現在樹立のイメージと世界各地で現れたイメージ同様、すなわち一つ抜群で象徴的なブランドに満ちて。中国人はちょうどこのような熱心を象徴するもの。まさに says:

Leave a reply